About Us
News
COMPANY NEWS
ポータブル・ゲーミングPC「GPD WIN 2」Indiegogoにて販売開始。価格は599ドル、1000台限定
 
【UPDATE 2018/1/15 16:45】
Indiegogoでのクラウドファンディング・キャンペーンは、開始からおよそ2時間で限定1000台のアーリーバード枠を完売した。これを受けてGPD社はキャンペーンページを更新し、割引率は低くなるがさらに5000台の追加注文の受け付けを開始している。価格は649ドル(約7万2000円)で、発送予定時期は同じく2018年5月である。2台または5台セットでの注文も受け付けており、それぞれ500セット・200セット限定となっている。

【原文 2018/1/15 11:37】
中国GPD社は1月15日、ポータブル・ゲーミングPC「GPD WIN 2」のクラウドファンディング・キャンペーンをIndiegogoにて開始した。価格は599ドル(約6万6000円)で、1000台限定。同社は昨年、前モデルである「GPD WIN」を同じくIndiegogoにて販売し、大きな成功を収めている。


GPD WIN 2は、6インチディスプレイの小型サイズでありながらフルバージョンのWindows 10が動作し、キーボードに加えてゲームパッドも搭載する、ゲーム用途に特化したクラムシェル型のポータブルPCだ。基本的なコンセプトや筐体デザインは前モデルを継承しながら、スペックを向上させたことによってより多くのゲームがスムーズに動作するとしている。GPD WIN 2の主なスペックは以下のとおり。

CPU: Intel Core m3-7Y30
GPU: Intel HD Graphics 615
RAM: 8GB LPDDR3-1866MHz
ストレージ: 128GB M.2 2242 SATA 3.0(ユーザーによる交換可能)
ディスプレイ: 6インチ 1280x720p シャープ製H-IPSタッチスクリーン Gorilla Glass 4
OS: Windows 10 Home 64bit
WiFi: 802.11 a/ac/b/g/n 2.4G/5G
Bluetooth: 4.2
入出力: USB Type-A 3.0/Type-C 3.0(USB PD 2.0)/Micro HDMI/MicroSD/3.5mmヘッドフォン
バッテリー: 9800mAh(4900mAh x 2)
重量: 460g
外形寸法: 162 x 99 x 25 mm

ゲームパッド部分には、LRアナログスティックと十字キー、ABXYボタンをキーボードの上に搭載し、バンパーボタンとしてLR1〜3の6つを備えている。モーターを2つ内蔵しており、振動機能にも対応する。入力はXInputで、マウスをシミュレートするモードに切り替えることも可能だ。アナログスティックはアルプス電気製で、PS Vitaのものと互換性のあるパーツを使用しているとのこと。

GPD WIN 2では冷却効率の向上も図られており、CPU温度によって冷却ファンを2000から10000rpmの間で自動調整することにより、前モデルの8倍の放熱効率アップを実現したという。エアフローは、筐体底面から吸気して後方に排気する形となる。また前モデルから49パーセント増量したバッテリーにより、6〜8時間のゲームプレイが可能だそうで、バッテリーは45分以内で半分まで充電可能だとしている。


気になるゲームの動作だが、GPD社によるテストでは『GTA V』や『Overwatch』『Skyrim』などが前モデルの2倍またはそれ以上のフレームレートで動作しているという。グラフィック設定の調整は必要になるが、3Dゲームであっても前モデルと比べるとかなり快適に動作するようだ。公式YouTubeチャンネルでは、このほかにも多数のゲームをGPD WIN 2上で動作させている映像が投稿されているので、ぜひチェックされたい。

Indiegogoでのクラウドファンディング・キャンペーンは、開始すぐに初期目標金額の10万ドルを突破している。製品の出荷は2018年5月に予定されている。日本にも発送可能で、送料は無料とのことだ(配送ミスを減らすため、住所は日本語で記入してほしいとのこと)。なお、Indiegogoでの価格は33パーセントオフとされているため、一般販売される際には899ドル(約9万9000円)になるようだ。興味のある方はチェックしてみてはいかがだろうか。



 
lan.zi3